雪絵は雪絵
雪絵は雪絵

雪絵は雪絵であって、他の誰でもない。人真似はきらいです。誰かを見習わなければという事はあっても誰かのようになりたいとが思いません。今のまんまの雪絵が好き。どこが?って思うかも知れない。雪絵のようにだけは絶対なりたくないって思う人がいるかも知れない。けど、いいの。私は雪絵が好き。素敵な人を見ても、私はあの人みたいになりたいとか性格とか格好とか真似したくても私には無理。疲れてしまう。真似ばっかりして、自分を変えようとしたり、隠したりすると雪絵がパンクしちゃう。泣いちゃう。どっか飛んで行ってしまう。だからつまんない人間かも知れないけど、全然素敵でないけど、そのままの雪絵でいい。どうしようもない雪絵だけどそのどうしようもないのが「雪絵」であって、人まねばかりして自分が嫌だって言うのに、変えてしまおうとしたら、それは雪絵でなくなってしまう。時々自分がすごく嫌になったり、あきれたりする。そう言うときにはいつも以上にそのままでいいよ。大丈夫って言ってあげるの。こんな雪絵につきあってくれるのは私ぐらいだもん。せめて私だけでも見捨てないでいてあげたい。そして、少しずつ自分らしく格好良く生きていきたいなと思う。パズルのように一個ずつ時間をかけて私らしい人間に、人まねでなく「雪絵」を完成させていきたい。誰かになる必要も誰かに近づく必要もまったくないのです。なぜなら雪絵は雪絵だから。

読んでくれてありがとう