ようこそ
思い込み

よくドラマに身内にびょうきのひとがいると、それを見てるから自分が医者になるっていうのあるでしょ?私のはちょっと違うけど、少しだけそれに近いものがあったの・・と勝手に思ってるだけかも。

 入院中、主治医の先生と医学生の人が10日間担当となります。10日すぎたら別の医学生さんと。あまり他の人は何度もつかないのに、私は毎回、毎回ついてました。先生も皆には今回は学生さんがつくけど・・・といろいろ説明するけど、私には慣れてるからいいよねって。まあたいくつなので、いいかなと思うけど。

 今はもう先生になったけど、その中の一人の人が私を学生時代に担当して、いろいろ考えさせられて、今の科に入ったと何度か言ってくれました。今の科といっても私のいた小児科のことですが。

 でもすごく嬉しかった。私の事が全てではなくても、ほんのすこしでもきっかけになったとしたら、最高だもん。だからその人には素敵な先生になってもらいたい。私が小児科に入院してたとき、よく笑う先生がいました。偉い先生がいっぱいの回診のときも笑ってにこにこしていた先生は病棟中の人気者でした。子どもがもちろん、いまだに私もそうだけど先生が少しでも笑ってくれると嬉しくなるし、ホッと安心します。だからもし、どこかで会うことがあったら、その時の学生さんにいつも笑ってる先生でいてねと言いたい。


読んでくれてありがとう