お内仏(仏壇)のお飾り

説明は特別のお勤め、年忌法要、報恩講、お正月、などの時のお荘厳です。
普段は三具足で打敷を片付けます。瓔珞も片付けておきます。
仏壇の開き方はこんな風にするのです。こうすると広く見えるのです。
三具足です。
普段の荘厳のときもこれです。左から「花瓶、土香炉、鶴亀燭台」です。
これは五具足。
花瓶が前に来て、鶴亀燭台を後ろにおきます。

土香炉のような三本足の仏具は一本が前に来るようにおきます。

線香を立てるなんて危ないです。火事の元です。
このように折って寝かせるのが正式なんですね。
花瓶は紋が左右に来るように、角を中心におきます。紋は藤が仏壇のセンター側に来るように、牡丹が外側です。ですから五具足では左右反対になりますね。
牡丹
お花は外(お参りの人)に向けてかざります。
仏様に向けてかざることはしません
鶴亀燭台は亀のシッポが外に向くようにおきます。五具足の場合は特に左右の間違いに気をつけてください。
上の蓮軸は実が前です。
打敷は卓を隠すようにかけます。ですから卓よりも飛び出します。前卓も上卓も同じです。
かどを曲げるとカッコよくなりますね。

上卓の上は華瓶、火舎香炉、華瓶の順番におきます。華瓶ってのは水をお供えする仏具なんですね。ですからこれ以外(たとえばコップに水をいれたもの)なんかは使わないんですね。お仏飯は火舎香炉の左右においたりします。

略式でこんなかたちもありますね
輪灯の高さは、一番下が花瓶の上ぐらいがいいですね

お仏壇の中にいろんな神社やらほかの宗派のお札やらお守りを入れたりするのはやめましょうね。
旅行なんかの記念品ならば飾りだなに入れましょう。