10月11日 成虫期間約3ヶ月

 最後まで頑張っていたオスも、最期を迎えました。7月の頭に羽化した個体のはずですから、結局3ヶ月間生きていたことになります。

 このオスは、羽化してすぐに別のメス1頭と個室(?)に移して飼育していたもので、オス同士の争いを経験していないはずです。オスを長生きさせようと思ったら、他のオスとは一緒にしない方がよいと思われます。

 メスと一緒にすると交尾をすることになりますが、交尾とオスの寿命の関係はよく分かりません。でも、せっかく成虫になったのだから、交尾くらいはさせてあげたいですよね。

 幼虫の方は順調に育っているようで、マットから糞をフルイ出すときに数えてみたら、結局今年も50頭いました。ただしこのうちの1頭は、庭の石の下で見つけたコガネムシの幼虫が放り込まれております。

  

 
写真上:最後まで残っていたオス
写真下左:とりあえず10頭数えました。 下右:二つの飼育槽に計50頭の幼虫(チト過密かな)