2月11日 おいおい、まだ冬の真ん中ですよ!

今年の北陸地方は、雪もそれほど多くはなく、かといってスキー場が滑走不能なほどの暖冬ではなく、まあまあラクチンな冬であります。

たまにゃあ覗いてやろうかと飼育槽の新聞紙をめくってみたら、あらまあびっくり、何頭もの幼虫が表面にはい出してきているではありませんか。

昨シーズンの実験で、北陸程度なら断熱材も不要だという結果が出たので裸のまま飼育槽を放置してありましたが、さすがにまだ冬の真ん中で、地表にはいずりだしたらこごえ死んでしまうんではないかと焦りました。

まだまだ冬眠中のはずの時期になぜ表面にこんなにたくさんの幼虫がはい出してくるのだろう? これはよっぽどマットの中の居心地が悪いに違いない。そしてそれは多分湿り気が足りなくてパサパサだからだろう、と判断して早速表面の幼虫と、真ん中くらいまでの深さにいた幼虫をべつのケースに移し、上半分のマットの湿り気を再調整してケースに戻してやった。

やっぱり気温が低い(摂氏5度未満)せいか、ほとんど身動きはしない。よくまあ表面に出てきたもんだ。


  



写真上左:この飼育槽にいるはずの幼虫の半分近くが表面に出てきている勘定になる。
写真上右:左の写真ではわからないが、フラッシュをたかないと、幼虫が表面をはいずり回った跡がよく見える。
けっこう活発に動いていたのだろうか。寒いはずなのに、本当に不思議。
写真下:ついでに幼虫の大きさを確認。今年の幼虫は、昨シーズンのものに比べると小振りなものが多いようだ。
この寒い時期にこれほどたくさんの幼虫が表面に出てきてしまったというのは予想外だった。
マットの質があまり幼虫にとって快適ではなかったのだろうか。

昨シーズンまでは、飼育用品を出しているメーカーのマットとJTの腐葉土を混ぜて使っていたのであるが、今年のマットは全部DIYショップのプライベートブランド(いちおう「バイオマット」と銘打ってはいる)のみで飼育している。残念ながらJT腐葉土を近所の大型スーパーで入手することができず、JTに問い合わせたら「生産中止になっております」との返事。安心して使える腐葉土を手に入れたいのだが、どうやってそれを確認したらよいかわからず、今年は腐葉土抜きのマットでやっております。

いちおう全部の幼虫をマットの中に埋めておいたのだけれど、数日して覗いてみたらまた5〜6頭が表面で丸まっていた。「え〜いくそ、そうしていたいのならそうしていろ」とばかり、もうほったらかしにしておいた。