1月13日 寒気団襲来

 今日から明日、明後日にかけて、この冬いちばんの寒気団襲来、という天気予報ですが、今日の午前中は東北地方、午後以降は九州から中国地方にかけて、ということで、北陸地方は超一級の寒気団の直撃はまぬかれたようです。で、家の周りの風景は下の写真の通り。(左は午前中。午後(右)は少し積もりました。) 

 

 まあそれでも明け方はこの冬いちばん(とりあえず、今世紀になっていちばん?)の冷え込みが予想されたらしく、最低で氷点下1度の予報でした。朝八時半に飼育槽を置いてある部屋の気温を見たら4度、断熱していない飼育槽の地中(マット)温が6度、断熱してある方が7度、という結果でした。
 岩崎書店の『カブトムシのかいかたそだてかた』には多摩動物公園でのカブトムシの飼育方法も書いてあります。それによると、カブトムシの幼虫は8度くらいで成長を止めるそうです。成長を止めるということは、いわゆる冬眠状態にあるということだと思いますが、どのくらいの低温まで耐えられるのかは分かりません。

1月14日〜15日 牡蠣食べ放題ツアー顛末(番外)

 上の写真を撮った翌日、いつもの仲間と能登の穴水まで牡蠣の食べ放題に行ったのです。去年の暮れから計画していたもので、「なんとしても行くぞ」の決意は固く、降り出した雪もものともせず3時間ほどかけて宿へたどり着きました。まあ3時間ならいつも通りで、特に雪の影響というのも(まだ)ありませんでした。食べたのは牡蠣のフルコース、特に炭火での焼きガキが絶品でした。半分口を開いたところでこじ開け、中に日本酒やワインを垂らして酒蒸し状態にします。(映像だけ、おすそ分け)

 しかし好事魔多し、行きはよいよい帰りは怖い。「雪なんて、ここ数年大したことねーよ」とたかをくくっていたら、なんと十数年ぶりの大雪。能登海浜道は事故で不通になるし、そこら中の国道は立ち往生したトラックや乗用車でみじん切り状態。幸い乗っていた車のカーナビで裏道をさぐりあて、四輪駆動にものを言わせて道のほとんど見えなくなった状態を突っ走って無事帰ることが出来ました。(写真は民宿の前庭の風景)