12月16日 飼育マットの温度測定(その1)

 前回の報告(11月6日)から1ヶ月以上経ちました。その後、マット内の温度を測定する以外、それらしいことは何もやっていません。その温度測定も「今日はずいぶんと寒いなあ」と思った日に2回行っただけ。今シーズン、北陸の平野部ではまだ1度しか雪らしい雪が降っておらず、その雪もすぐに消えてしまいました。
 そういえば10匹ほどを里子に出した五箇山の友人は「こっちは30センチほど積もってるよ」と言っていましたが、みんな(幼虫達)どうしているでしょうか。
 それで今回の報告ですが、数字の記載だけです。
 まず、11月29日午前8時頃の測定では、外気温4度、地中温9度でした。次に、12月12日午後4時頃の測定では、外気温3度、地中温6度でした。
 ウ〜ン、6度? 結構寒いんじゃあないかなあ。まあ私だったら裸で過ごすなんてことはできませんねえ。やっぱり防寒対策を多少してあげた方がいいでしょうか。北海道のようにヒーターを使うまでは必要ないでしょうが、断熱板を周囲に張ってあげるとか・・・。なにせ幼虫達は、自然の環境では地中深く潜ろうと思えば結構深くまで(地上よりは暖かいところまで)行けるわけだから・・・。