10月6日 里子のお引っ越し

富山県五箇山に住む友人が幼虫を少し引き取ってくれることになり、里子に出 すことになりました。その友人も息子のためにカブトやクワガタを家で飼わされ ているとのこと。
飼育ケースのマット交換を兼ねて幼虫を掘り出し、始めに出てきた10頭を別 のケースに移して、「元気でナ〜」。

 

古いマットをふるいにかけると、今の時期は大量の糞が分別されます。今日の 作業では、60センチ水槽半分くらいのマットから、バケツ1杯を超える糞が出 ました。ふるいの目を通ったマットと新しくブレンドしたマットを混ぜ合わせる のが、最近の私のお気に入り。古いマットには少量の糞が混ざっているのと、少 しずつ熟成が進んでいるのとで、幼虫達にも住み易いのではないかと勝手に判断 しています。人間も、新湯(さらゆ)よりは二番湯の方がお肌に優しいと言うで はないですか。