シティボーイ 粛清 しょうゆ顔 真実


シティボーイ [してぃぼーい]

こぎれいなファッション、ヘアスタイル、
さわやかな笑顔でまとめた若者。
女の子を満足させる程度のお金と車を所持していることも必須条件。
女の子をひっかけるための小道具として、テニス、スキー、サーフィンもたしなみ、
歯の浮くようなせりふも得意技。
いわずとしれたバブル時代に生息していたが、
平成不況の時代に消えた。
Sat Sep 11 23:16:06 2004[編集]



粛清 [しゅくせい]

ただの殺戮行為も、歴史にしてしまえばこの言葉で正当化していけると勘違いされている言葉。
「不純・不正」なものを除き、整え清めること。この「不純、不正」ってのが「思想、主義に反する」ってのに変化して、その次に「目的遂行の障害になる」ってのに変化する。こうなればポリシーもイデオロギーも排除を正当化する材料になるだけである。
とれにしろ結局は自分の思い通りにならない人を排除することを正当化するときに使われる。もちろんそのときに使われる場合は、言葉のもともとの意味などどうでもいい。
排除の方法が暴力的なテロ行為を「粛清」。そうでないものを「なかまはずれ」と呼ぶ。どちらも
「わたしの思い思い通りにならない人はみんなで追い出しましょう。追い出すことに反対したらあんたも追い出すわよ」
って話である。
Fri Jan 13 16:31:42 2006[編集]



しょうゆ顔 [しょうゆがお]

醤油が和風調味料の代表格であることから、
和風の顔の持ち主を指す。
つまり、細面、細いつり上がり気味の眼、
細く高い鼻、薄く引き締まった唇である。
「東山紀之」、「中井貴一」などが代表的。
なぜか、男性のみを指し、女性の顔の形容にはほとんど用いられなかった。
しょうゆ顔に対し、洋風バタ臭い顔立ちを「ソース顔」と呼んだ。
Mon Sep 13 19:41:30 2004[編集]



真実 [しんじつ]

元々は疑いきれないものをさす言葉。
最近は思い込みを成立させるために使われる。もしくは自分の思想と違ったものからからの攻撃をかわすヨロイや、相手を攻撃する武器に使われたりする。
どうも、これを使うといかなる論議も黙らせることが出来ると勘違いされている言葉。
Mon Sep 6 16:40:40 2004[編集]


Sakura Dictionary Ver. 1.10
Scripted by UTANO Lime
(c)Pastel Carrot 1999-
All rights Reserved.