トップページ > 記事閲覧
家庭問題の専門家
日時: 2006/06/26 21:36:04
名前: 傘貼浪人

以前自分の悩みについてお話をお聞きいただいた者です。
今回は小生の会社の後輩についてで、自分だけではとても解決できる状況ではないと思い、再びご助言をお願いしたい次第ですので、勝手ではございますが、宜しくお願い致します。

その後輩は、これからお話する家庭の状況により、正常に働ける状況ではないようなのです。最近は仕事の難易度と相俟って、言動が少しづつおかしくなっているように感じます。
彼は大学での専門が今の仕事と全く別物だったので、上手く進められず、先輩達からは半ば呆れられ始めているのですが、人間的にはとてもまじめで、個人的な事情がなければもっと勉強して、仕事も上手く行くのではと思います。

さて、その後輩は、両親、祖母、兄、後輩、弟の6人家族で、両親とも教師とお役所努めの公務員で厳格な方の様です。
問題は、後輩とお兄さんの不和で、それが元で両親ともうまく
いかず、家に帰っても心の休まるところがないようです。
お兄さんとの不和の原因は、お兄さんがいわゆる「ニート」で既に30歳を超えると言うのに全く働かず、それを憂慮して言い合いになったのが始まりだそうです。
どんな些細なことでも喧嘩になってしまうので、家を出ようと思ったそうなのですが、親御さんから今出て行ったら一生口を聞かないままになってしまうから、出るなら仲直りしてからと言って許してくれないそうです。後輩は、お兄さんと両親を心配して、何度か話合いを持とうとしたらしいのですが、上手くいかず、最近は「お前が原因」と両親からも言われる様になり、ご両親の精神面も異常の兆候があるらしく、仕事を休むことが多くなっているようなのです。お兄さんについては、ご両親だけでは打つ手がないらしく、専門家等に相談しているようなのですが、中々進展がないようです。後輩は、ご両親を心配させたり、会社の先輩方に弱味を見せたくなく、安心して相談できる友人・知人がいないようで、最も年が近い小生に、ガス抜き程度に話すようなのです。
お兄さん自身は、生まれつき体が弱く、それが原因で小さい頃からかなりお辛い目に合われたようです。しかし、一生懸命勉強され介護関係の専門学校を経て介護施設へ就職されたようなのですが、そこで週末に向かわれるご老人方のお姿を見て、
何か「絶望」を感じ、それ以来自分の部屋に閉じこもり出てこなくなってしまったとのことです。
後輩もお兄さんの境遇を考えれば可哀想だとわかっているのですが、それではいつまでたっても一人立ちできないし、親への負担の大きさからなんとか頑張ってもらえないかと話たのですが、全く聞き入れてもらえず、今となっては顔を合わす度に喧嘩になるので、親への遠慮もあり、実家だと言うのに気を使いながら生活しているそうです。

小生としては、何とか力になってあげたいのですが、今の所、話を聞いて、励ます程度しかできません。
今の状況では、家庭内で自力で解決するのはとても難しいように感じるので、専門家等の第三者の介入が必要と思っているのですが、皆様はどのようにお考えになりますか?
是非ご助言下さい。
メンテ

Page: 1 |

Re: 家庭問題の専門家 ( No.1 )
日時: 2006/06/26 21:36:32
名前: ぐれいと

こんにちわ。一日考えてみたけどやっぱり難しいですよね。
ものすごく乱暴な言い方ですけど、「なやみ」って二つに分類されるって思うんです。
「自分以外の人が自分の思い通りにならない」
「自分以外の人からの束縛から解放されたい」
もちろんすべてに当てはまるわけではないですけどね。
最初のほうは不可能です。自分以外で思い通りになる人間なんかいません。他人が出来ることは「縁」と「願い」を与えることだけです。必要とするかどうかは相手が決めることなんですね。
あとのほうは本人の行動力が重要です。もちろんこれもアドバイスは出来るでしょうが、それ以上のことは出来ません。相談した側の価値観とちがう答えを出すことによって嫌われてしまう可能性も大です。

この文章を読ませてもらっている限り、おにいさんは自分にかかわる現象の原因をほかのもののせいにしたがるみたいですよね。ついでに自分の行動の注意に対しては敵対心しか出てこない状態のようですね。
弟が働いていて自分が働いていない。そのことが家庭内での自分の価値観にならないことに細心の注意を払っているように思います。おそらく家族はそんな価値観なんて持ってないと思います。働いてほしい。仲良くなってほしいって願いしかないと思います。お兄さんが妄想で作り上げた自分の価値観に振り回されているんですよね。

問題はお母さんですね。お母さんの願いがそのままお兄さんの妄想の手助けになっちゃうんですよね。
これってよくあるんですよね。子供のためにとか、家庭のためにとか、平和のため、学校のため、家庭のため。
でも、結果的にその願いを利用している後ろにいる人一人が満足できるための現状維持になってしまうことってよくあります。
ちょうど北朝鮮に人民には罪が無いって言って、人道支援をやって国体が保たれちゃうことと似ています。

お兄さんやお母さんはよっぽどの人間関係が出来ている、自分たちより目上と感じている人が相手との関係が壊れることを覚悟して注意するか、本人たちが望んでその道のプロに相談するしか聞く耳はもてないと思います。
お兄さんは弟さんではムリです。弟さんがお兄さんの劣等感の対象である可能性が高いですから。弟は自分より下という立場を自分の心のだけでも成立させることで精一杯の状態だと思います。

弟さんは何をあなたに望んでいるのでしょうか?
現状よりよくなる方法は、お母さんの言うようにお兄さんの価値観に家族全員が合わせることなのか。それともお兄さんの価値観から脱却することなのか。

わたしでしたら、弟さんのような立場の友達に相談されたとしたら、やっぱり聞くことしか出来ないとは思います。
ただ、少なくとも結果的にお兄さんの価値観に飲まれるような「家族のために兄弟が仲良く」
なんてことは聞かないほうが良いんじゃないかってことは言うかもしれません。

かなり想像を含めた暴走カキコです。すみません。
メンテ
Re: 家庭問題の専門家 ( No.2 )
日時: 2006/06/26 21:36:52
名前: もくれんれん

難しいですね。こういう問題は。

問題は当事者が何とかしようと思わない限り、今のような状態が続くのではないでしょうか。

したがって後輩さんがどう考えているかですね。どうしたいかですね。

ある程度方向が決まるまでは、ひとりでは難しいでしょうから話し相手になってあげてください。

文面を読む限りでは、まず後輩さんの心が壊れないようにすることが先決かなぁと感じましたが・・・
メンテ
Re: 家庭問題の専門家 ( No.3 )
日時: 2006/06/26 23:22:19
名前: 傘貼浪人

ぐれいとさん、もくれんれんさん、ご回答有難うございます。
お返事遅れ失礼致しました。

やはり第三者に協力いただくしかなさそうですね。
もともと自分の仕事もキツイので、後輩君をあまり気に掛けることができなかったのですが、最近は、できるだけフォローするようにしています。
信頼して相談できる方が身近にいないそうなので、
できる方を探し中とのことです。
解決まで、小生は余計なことはしない方がよさそうなので、できるだけ会社でのフォローをしたいと思います。

関係ないですが、トピック別になって見易くなりましたね。皆様へのお心遣い感謝です!
メンテ
Re: 家庭問題の専門家 ( No.4 )
日時: 2006/06/27 11:13:01
名前: ぐれいと

そのほうが良いと思いますよ。
友達として出来ることでバックアップしてあげてくださいね。
メンテ

Page: 1 |
リンク元が不明なためコメントを投稿できません
トップページから入り直してください。