トップページ > 記事閲覧
頭ではわかっていても
日時: 2006/06/26 21:29:08
名前: マメ

なかなかマイナス感情を抑えることができません。
なんで人を好きになると、どんどん欲深になっちゃうんでしょう。最初はメールで話すだけで良かった。
はじめて会った時、とても嬉しかった。
手をつないだ時、とてもシアワセだと思った。

彼の仕事が忙しくなって、なかなか会えなくなり、メールの本数も少なくなった。
昔はメールを貰えるだけでも嬉しかったのに、いまは何か物足りないと感じてしまう。
彼が変わったわけじゃないのに。。。

私自身、仕事が忙しい時には、好きな人のことも忘れる。
それぐらい集中しないと、仕事が回らないときがあることを知ってる。

連絡がないのは嫌いになったわけじゃない。
ほっといても大丈夫だと信用してくれてるから。

頭ではわかってる。
それでも、不安になってしまうんですよね。。。

どなたか、何か面白い本、これはぜひ読んで欲しいと思う本はありませんか?
あったら教えてください。

彼が私の魅力は引き出しの多さだと言うので、
もっともっと自分の引き出しを増やしたいのです。
本じゃなくても、映画でもいい。

どなたか教えてください。
メンテ

Page: 1 |

Re: 頭ではわかっていても ( No.1 )
日時: 2006/06/26 21:29:33
名前: もくれんれん

そんなことありますよね。

でもそれは恋をしている証拠で、その時期は不安になったり、相手を疑ったり、哲学者になったりするものですよね。

僕自身今は子供のことばっかりですから、懐かしいような気もします(笑)

お勧めですが、すでに読んでいるのかもしれませんが、真宗関係のものを(手前味噌!?)・・・色んなことを深められるきっかけになると思います。
メンテ
ありがとうございます ( No.2 )
日時: 2006/06/26 21:30:11
名前: マメ

あばたもえくぼ状態で、彼にベタ惚れ状態なのです(//∇//)
出会ったのは、出会い系サイトだし。
7歳も年下で。
バイセクで「自分が生きてる間だけ資源がもてばいい、後のことなんて関係ない。自分が今を面白おかしく生きられればそれでいい」と考えていた人が、まさに面白おかしく遊んでる最中に死にそうな目にあい(合法ドラッグでバッドトリップしたらしい)、死を覚悟した時から死生観がいっぺんしちゃったっていうとんでもない奴なんですが、愛しくてたまりません。

最初から騙されても本望ってぐらいの気持ちで彼に近づいてますので、自分を飾ることもなく、自分のいい面も醜い面も普通に出しちゃってるので、「いつか本当の自分を知られて嫌われてしまうんじゃないか」っていう、今までの恋愛のように恐怖感にとらわれることはないんです。

ただ、どちらも人間ですので、いつ気持ちが冷めるとも限らないから。
出来る限り彼に好かれていたいと、興味をもってもらえる人間でいたいと願ってしまうのです。

真宗関係の本は、何冊か読みましたが、まだ読んでいないものを読んでみようと思います。
談話でぐれいとさんが、昔読んだものでも違った受け取り方ができるかもと言ってましたので、前に読んだものも読み返してみます。
メンテ

Page: 1 |
リンク元が不明なためコメントを投稿できません
トップページから入り直してください。