トップページ > 記事閲覧
後2日
日時: 2006/06/26 20:46:02
名前: 石崎

昨日も4時まで起きていました。普通に考えたらたいした事ないんですけどね。社長(施設長)に退職届を出すだけ。そしてお世話になりました。というだけ。何ですけど。私には苦痛です。社会的にもきちんと責任はとらなければばらないしでももう行きたくないし。死んだらいかんというお返事がありました。多分死ぬ事はないでしょう。あったとしても未遂です。未遂をして私はこんなに苦しかったんだという事を皆に知らせたい。そんな気持ちはあります。睡眠薬と精神薬1ヶ月分はあります。でもそれ飲んでも多分死ぬ事は出来ないでしょう。
最近は睡眠薬も安全だという事ですし。私には生きる居場所を求めるしかない。それがどこにあるのか分からない。生きる強さが私には無い。仕事をして帰ってくる。そうするとまたあの地獄に帰るのかという絶望感が漂ってくるんです。最近ニートという言葉があります。厳しい人はただ甘えてるだけという人もいます。でもでもでも私は甘えという単純な言葉じゃないんだよって叫びたいです。もっと奥が深い暗闇みたいなものがあるんだよと。
メンテ

Page: 1 |

生きるという事 ( No.1 )
日時: 2006/06/26 20:46:27
名前: 石崎

掲示板連続投稿すいません。生きるって難しいです。生きるとは死に向かう事。細木和子が言ってたかな。自分の居場所を求めてます。要するにどんな仕事が向いてるかという事を。
自分は生きる為にはどこに行けばいいのかという事を。
行動 それしかないんですけどね。
メンテ
どんな仕事が向いているのか・・・ ( No.2 )
日時: 2006/06/26 20:47:16
名前: だらぶち

う〜ん、難しいですねえ。

だらぶちはだらぶちに向いた仕事をしていると言えるのか・・・(^_^;)

よく分かりませんけど、私なりのやり方でやってるとは言えるかな。
メンテ
もくれんれんです ( No.3 )
日時: 2006/06/26 20:47:54
名前: もくれんれん

石崎さんが現在悩んでいるということ、仕事を辞めるにあたって不安な気持ちになっていることは伝わってきます。

また行動しかないという思いも伝わってきます。

でも文章を読む限りですが、同じことを繰り返すような気がします。それはなぜ今の自分になっているかということに目を向けていないからです(責めてるわけではありません)

ボクは今の自分には理由があると思うのです。
一例ですが、あるこどもがいて、その子はあまり意思表示をしない子で、頷いたりいらないとは言えるけれども、何が欲しいのかとか、具体的なことになるとなかなかか表現できない。
先生が家庭訪問をした時にその謎が解けたというんですね。
二親の親つまりそれぞれのじいちゃんばあちゃんが競って世話をしていたというんです。物に囲まれていたそうでが、きっと本人が欲しいという意思を出す前にすべての物が揃っていた。食事もお腹が減って食べるのではなく、本人が欲しいという前にすべての物を与えてたのではないかと・・・
要するに言葉にする機会を奪っていたから、具体的に表現できなかったというのです。

繰りかえしますが、今の自分には理由があるというのを思うのです。
僕の場合、居場所をなくしていた時、もしくはそうなってしまう時というのは、人や世間に合わせたりする場合必ずそうなります。また一つの「ものさし」例えば人はかくのごとくあるべきである、という価値観に自分が縛られている時に居場所がないことを感じます。

石崎さん場合はどうですか?なぜ居場所がなくなったのですか?
石崎さんと同じ思いをもった方も見ているかもしれませんからいろんなことを書いてみてください。
メンテ

Page: 1 |
リンク元が不明なためコメントを投稿できません
トップページから入り直してください。